得するクレジットカード、キャッシング総合節約情報

審査の甘いキャッシング、カードローン、クレジットカードでポイントや割引、お得なショッピング情報をお届けします。年会費無料のカード、会員限定の情報など急な出費や生活に役立つ節約方法をあなたに伝授します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
2009年にも、貸金業の上限金利が引き下げられると言われており
これが「グレーゾーン撤廃」と呼ばれています。

グレーゾーン金利とは利息制限法に定める上限金利は超えるものの、出資法に定める上限金利には満たない金利のことをいいます。この間の金利のことをグレーゾーンといいます。

まず利息制限法の規定ですが、

元本が10万円未満の場合:年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
元本が100万円以上の場合:年15%
これが、利息制限法に定める上限金利となります。

そして次に出資法の規定ですが、

こちらは「金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合」に、
年29.2%(うるう年には年29.28%。1日当たり0.08%。)を超える割合による
利息の契約をしたときは、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金になる
という法律です。

通常、この「年29.2%」が出資法に定める上限金利となりこれ以上の利息で
貸付をしている業者がいわゆる闇金融となるわけです。

グレーゾーンを分かりやすく言うと利息制限法の上限20%は超えるが
出資法の年29.2%(罰則をうける)は超えない金利のことになります。

なので今後10万円から100万円までの借り入れで18%の利息以上は
消費者金融側にその旨を言えば一切支払う義務はなくなります。

ますます金利が下がり良い反面、審査は今後厳しくなってくるでしょう。
くれぐれも審査が甘いからといって
法外な金利を請求する闇金融業者にだけには手を出さないようお気をつけ下さい。
スポンサーサイト
消費者金融の債務情報の見え方、見られ方について説明します。

消費者金融が全情連に照会した場合、そこに登録されているあなたの債務情報は
基本的に「全部」見られています。

「現在利用中」の債務や「完済」した債務についてもデータ保有期間内であれば
そのまま開示されるしくみとなっております。
ただ、ここでは「利用中の社名」までは相手に表示はされません。

あくまで「何社」「いくら借り入れているか」「返済日はいつか」のレベルです。

その中でも消費者金融が特に重要視しているのが「現在進行中の債務」であり、
さらに細かくいえば、「借り入れ金額」よりも「借り入れ件数」のほうを重視しています。

逆にほとんど注目していない点は「完済」の部分になります。

たとえば、6社と契約していたとしても、現時点で3社からしか利用していなければ
他の3社については、ないものとして捉えています。


新規で借り入れる際などは借り入れ件数を重視されるため、
もしすぐ完済できそうな金融があれば一時的でも完済してから申し込みをされると、
審査に可決される確立がかなり高くなることがいえます。


人気ブログランキングへ

消費者金融の利息計算は今現在残っている残高に対しての利息となります。

たとえば50万の融資を受けたばかりだと50万に対しての利息となりますが、返済していき30万まで残高が減れば、今度は30万に対しての利息と言う事になります。

1日の利息の計算式は以下の通りです。

残高×利用日数×利率÷365=利息

今現在の残高と実際に利用した日数によって利息がついていくので、返済によって残高が減っていけばそれだけ利息も少なくなっていきます。

年率を見て、18.00%の年利だと年間で100万円に対し18万円の利息がつくと思われる人がいますが、実際は残高は毎月減っていきますので、掛かる利息は少なくなっていきます。

<例>
50万円(元金)を金利18(%)で1ヶ月(30日)借りた場合。

50万円×18%×30日÷365=7397円
つまり利息は、約7400円掛かるということです。

キャッシングとは銀行から受ける一般的な融資とは違い、本人の確認と信用情報に応じて基本的に無担保で貸し付けが行なわれるスピーディな融資のことです。

現在、キャッシングを提供している企業は「銀行系」「信販系」「消費者金融系」「IT系」といろいろありますが、各企業によって融資の方法や金額、利率、審査などのサービスが違います。

色々な種類がありますが、利用目的、返済期間をしっかり考え自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

では、それぞれの説明をしていきます。

『銀行系』     
低金利で融資の限度額が高く設定されているものが多い。何より銀行系ということで信用性も高い。金利が低いので長期で借り入れる時に向いている。ただ審査には時間が掛かり審査は若干厳しい。

『信販系』
利便性を重視していて全国のATMやCDなどで借り入れ返済が可能で24時間対応で急な出費などに役に立ちます。銀行系より審査も柔軟ですが、融資額などはやや低くなります。

『消費者金融系』
審査が早く即日融資の点が最大の魅力です。審査も柔軟で使い勝手は良いのですが金利が高めに設定されています。

『IT系』
24時間365日、ネットで申し込み可能でしかも来店不要といのが最大の魅力です。手軽さ故に借りすぎてしまう事にご注意を。


以上それぞれ簡単に基礎的なことをまとめました。
その時に応じご自身に合ったキャッシングをお選び頂き
くれぐれも借りすぎにはご注意下さい。
ブログ内検索
ガソリン代を無料で安く入る
レディースローン
不動産担保ローン
ビジネスローン
リンク
ブログランキング参加中
RSSフィード
新着記事お届け
自動車ローン
デビットカード発券
ネットバンク口座開設
学生ローン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。